ルミエールワイナリーは、山梨県の豊かな自然の中でワインの製造販売を行っています。

ルミエール

TOP > ワイナリー紹介 > 石蔵発酵槽 > 石蔵発酵槽詳細

S

M

L

石蔵発酵槽詳細

100年の歳月に耐えられるワインを目指す、石蔵和飲。

石蔵発酵槽

石蔵でのワインづくりが再び始まったのは1998年でした。
それから100年を超える歴史を持つ石蔵の、2度目の役割がスタートしたのです。以前はルミエールでの通常の仕込み方法だった石蔵での仕込みは、特別の意義深い醸造法として復活したのです。
しかし、「何が特別なのか?」という問いに答えることは、そんなに簡単ではありません。

毎年毎年、ヴィンテージによる味わいの個性はもちろんありますが、それより驚くべきことに、何か、石蔵でつくることで、共通する味わいがあるのです。通常の醸造法ではかつて味わったことのない個性、独特のフレーバー、舌触りが、上手く言葉には出来ない何かが存在するのです。分かりやすい点だけご説明すれば、石蔵で仕込まれたワインは(特にマスカットベイリーAの場合)通常の醸造法のワインに比べ、香りも味わいもやや重厚な感じとなります。アルコールも高めとなる場合が多い・・・

石蔵発酵槽

その要因は、御影石による保温効果でしょうか?セッティングに必要な為、除梗後に敢えて投入する果梗由来の成分?それとも発酵中、果皮を浸漬し続けることにより特異成分の抽出があるのでしょうか?あるいは、果帽を抑え付けるのに使用する竹製のすのこ?石の表面に付着した独特の微生物相の影響?それらの複合的作用?

通常の仕込みと比べて、発酵温度や抽出条件の推移に特徴があることは確かです。赤ワインの場合、発酵時のそれらの要因によりワインの仕上がりが大きく変化します。
しかし、私たちは石蔵の構造を理解するために飲むのではありません。ただ、石蔵ワインに触れることで、歴史や自然、それらのちょっとだけ神秘的な部分に触れることが出来ると思います。

石蔵和飲の作り方はこちら