ルミエールワイナリーは、山梨県の豊かな自然の中でワインの製造販売を行っています。

ルミエール

TOP > ワイナリー情報 > 農場便り一覧 > 農場便り詳細

S

M

L

モチベーションを高くして取り組んでいます。

ようやく梅雨が明けました(去年の7月号と同じ書き出しです)。今年の7月・・・なかなか大変な一ヶ月でした。
一昨昨日も勝沼では観測史上最高という50mmの時間雨量を記録しました。会社の脇にある道を川のような濁流が流れ、まさにシャワーを浴びているような降り方でした。
7月の日照時間は79.1hで辛うじて昨年を上回りましたが、平年の61%程度、降水量は280mmで平年の2倍以上となりました。笑えない数字ですね。7月だけ見れば2006の悪夢の再来です。
そんな中、畑の状況はと言えば、何とか持ちこたえています。病害虫による大きな被害もなく(小さな被害はありますが)、これからの太陽を甘受するだけの健康状態は維持できているといったところです。
2年連続の同じような7月なので、ブドウも私もそれに対する対処法が身に付いたというところでしょうか。それは技術面、精神面ともに言えることです。最も良くないのは、「今年はもうダメだぁ〜」と集中力を切らしてしまうこと。精神論だけでブドウはつくれませんが、最後に大事になってくるのはやはりヴィニュロンのモチベーションの高さだと思います。
8月に入り、まもなく仕込みが始まります。ブドウも醸造というクライマックスに向けて成熟という段階に進んでいきます。今後の好天を祈りつつ、今ある葉っぱを一枚も無駄にしないよう、今後の管理を進めていきたいところです。
頑張れ太平洋高気圧!

2007.08.02