ルミエールワイナリーは、山梨県の豊かな自然の中でワインの製造販売を行っています。

ルミエール

TOP > 会社概要 > 株式会社ルミエールの歴史

S

M

L

株式会社ルミエールの歴史

創立者 降矢徳義:降矢家は仁明天皇の皇子守國親王以来、約900年続いた家柄。明治維新前、降矢徳義は若くして孝明天皇より従五位下朝臣丹波守を賜り、京都守護職松平容保会津藩主とともに禁裏を守護。「蛤御門の変」において長州軍を撃破。武名を天下に轟かす。このため維新後、長州勢の新政府により迫害を受ける。明治10年の西南の役後、名誉を回復し、明治18年甲州園(現ルミエール)の前身である降矢醸造場を創立する。

明治

18年(1885) 降矢徳義、降矢醸造場を創設。
28年(1895) 降矢徳義の次男、降矢虎馬之甫(ふるやこまのすけ)、社名を信玄印甲州園とする。
34年(1901) 花崗岩を使用した地下醗酵槽(現在の登録有形文化財「石蔵醗酵槽」)、および地下貯蔵庫完成。
42年(1909) 南極探検隊白瀬中尉隊に資金援助ならびに甲州園葡萄酒を寄付。航海中、二度にわたる赤道通過にもかかわらず製品の品質は劣化せず、品質証明書と感謝状を贈られる。
43年(1910) 大日本帝国、陸軍御用を承る。

大正

5年(1916) 大日本帝国、海軍御用を承る。
7年(1918) 皇室御用達を賜る。

昭和

2年(1927) 昭和天皇御即位に際し、御大典祝賀用に御買い上げを賜る。
18年(1943) 株式会社甲州園に改組。
42年(1967) 第2回モンドセレクション国際ワインコンクールに赤・白各一点。ともに金賞受賞(本邦初)。
51年(1976) 塚本俊彦、代表取締役社長 就任。
60年(1985) 日中友誼葡萄酒有限公司(合弁事業)設立契約書調印。

平成

4年(1992) 株式会社ルミエール 社名改名。
日中友誼葡萄酒有限公司(合弁事業)契約解消、合弁企業解散。
(中華人民共和国の外資合弁企業に対する政策変更と国内治安の悪化による)
17年(2005) 塚本俊彦 取締役会長 就任。
【創業120周年】 木田茂樹 代表取締役社長 就任。
18年(2006) 新醸造棟完成。
18年(2006) ワイナリーキッチン ラ・カシータ 営業開始。
22年(2010) 新社屋完成
ワイナリーレストラン「ゼルコバ」オープン。